« 衛星契約 | トップページ | ふと気づけば… »

2010.08.22

「マンタ=オニイトマキエイ」ではない?

 一般にはマンタと呼ばれるものの正式和名はオニイトマキエイと知られていましたが、学術的にはオニイトマキエイと別のものが存在すると、去年発表になったそうです。

 表皮の斑紋(はんもん)、やうろこ、歯の形の違いで2つの区別がされるようですが、日本の水族館で飼育されているものはオニイトマキエイではないとのことです。

 それで、水族館ではナンヨウマンタと呼ぶことにしたとか。

参考
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-20_9435/
http://oki-churaumi.jp/info/news/archives/3998

 石垣には多くのマンタがいるわけですが、それらもオニイトマキエイではない、となるのでしょうか?

 ダイバーにとっては大きなニュースです。

|

« 衛星契約 | トップページ | ふと気づけば… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81671/49219769

この記事へのトラックバック一覧です: 「マンタ=オニイトマキエイ」ではない?:

« 衛星契約 | トップページ | ふと気づけば… »